カテゴリー別アーカイブ: 整体

母から三つのプレゼント



 私の母は2月で83才の誕生日をむかえ、大好きな畑仕事をしてわんこと一緒に暮らしています
26年前、私の結婚式でジャンケンゲームをした際に勝ち進んだ数名の中に着物を着た母がいました。
 昔の人にしてはすらりとした体型で着ものがとても良く似合っている。
 一人一人からお祝いのメッセージをいただいたあと、母は私に笑顔を忘れず可愛いお嫁さんになって下さいと、ちょっと恥ずかしそうに話してくれました
 それから、私が親戚の付き合いを通して、お礼の電話をしなくなっていると、母に話をしたことがありました。
 そしたら母に頂き物や良くしてもらったときはすぐにお礼の電話はしなければいけないよ
と言われて50才の私は反省をしました!
 私は手に職をつけて10年間自宅の一室で仕事をしてきましたが、今年に入ってから店舗を構えて頑張っています!
 忙しく仕事をしている私に家族を大切に
自分のわがままに流されず優しい旦那さんに感謝の気持ちを忘れずにと、助言してもらいはっとしたのがつい最近のことです。
 母の口癖は「勉強嫌いで学んでこなかったから学がないんだよ」と、いつも言うけれど生きていくのに必要なことは母が教えてくれたと思っています!
 最近の口癖は「仲良くが一番」です!


iPhoneから送信

小さな達成感で自己肯定感を上げていく



どんなに良い習慣も意識をして行動していないと、気づくと辞めていることが沢山ある
私のお客さんSさんは毎日欠かさずお風呂上がりに筋トレとストレッチを続けられている。毎日決めたことをやり続けるのは簡単じゃないと思うがSさんは運動だけではなく日々の生活も沢山のルーティンを持っていて凄いと思った。私も続けられるようになりたくて、方法を少し教えてもらった。初めて見て感じたことは、一つ一つが少しづつなので、達成感を感じながら、ちょっとづつ出来たことを数えていると自己肯定感が上がっていた事だ。例えば筋トレで一つの動きを20秒づつ5種目やること。
(これは上越のスポーツトレーナーの方の動画がとても良い)日々の生活には、月曜は洗濯機を奇麗にする日、火曜は玄関を奇麗にする日と言うように時間やタイミングも決まっていると、いつやろうかなと考えることもいらなくなる。これからは、出来ないことを数えるよりも出来たことを数えて達成感と自己肯定感を上げていきたいと思う!


iPhoneから送信

花粉症

窓から外を見上げると、青空と白い雲が見える、3月上旬に新潟で見ることのできる風景とは思えない晴れ渡る空だ。

その手前には、赤く錆びた鉄のような、杉の木の花粉がびっしりと見える。

近頃は、来店されるお客様から、花粉症の症状が出て辛いとの声を聞くようになった。

私も10年ほど前から症状が現れていて、一時期、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりで凄く辛かったが、ここ数年は、症状が和らいでいる。

理由の一つとして考えられることは、5年ほど前に、坐骨神経痛で、どんな姿勢でいても辛い痛みがあった。

その時に生活を改善したことがある。それは、体を冷やさず温めることだった。足湯をして、腹巻をし、手首、足首、首を温め、冬は靴下を3枚でも、4枚でも履く。

そんな生活を2,3年続け、汗をかくようになり代謝がよくなっていくのを感じた。

そして、坐骨神経痛も治っていた。気づけば、花粉症も楽になっている。

お客様で、股関節の痛みで通っていた方が、整体を受け始めた翌年の花粉症が例年になく楽だったとおっしゃっていた。

代謝のいい身体を維持することの大切さを改めて思う。

3月は、月曜定休日の予定を変更し、営業しています。 span lang=EN-

習慣変換中

胃袋は名前のとおり袋なので、詰め込み過ぎ(食べたり、飲んだり)と大〜きく伸びる。そして、消化すると小さくなるを繰り返している。

子供の体操着袋のように、胃袋は新しく作って取り替えることが出来ないから私は50年以上使い続けているワケだ。

使い続けているので汚れが残っていたり、小さい穴があ開いていたり120%つめこんで生地も薄く伸びて弱くなっているかもしれない。

若いうちは新陳代謝もよく、自己治癒力で汚れも流し、穴も治し、伸びてビロビロになっても元の大きさに戻る弾力があったはずだ。

しかし、無理させてはいけないと思うようになった。あと、30年くらいはいい状態で使い続けたいと思うからまずは胃袋の汚れをためないように重曹水を飲んで毎日拭き掃除をする、そして、穴やほころびをださないために消化の良い物を食べる。お肉は美味しいけど消化に三時間以上かかり胃には食べ物が残っている時間が長くなるから袋に負担がかかる。

あと、「食べ過ぎないこと❗️」これが一番の難関だけど腹八分目を心掛けて、ビロビロに胃を伸ばさないようにしたい。それと、食べ物と食べ物の間隔を三時間はあけること実践して変化を感じて良い報告をしたいと思う。