通常練習

今日も練習お疲れ様でした。

本日も組手の攻撃練習を中心に行いました。

だいぶ、ポイントの取れる突き、蹴りができるようになってきました。

あとは、タイミングとリズムです。

大会まで10日あります。ぎりぎりまで諦めず稽古しよう!

※団体の形も優勝目指し頑張ってます。(小学生5人、中学生3人)

けが人もいますが練習には見学に来ています。頭が痛いと言っていた会員も頑張って来ていました。試合に勝つだけでなく弱い自分の心に勝っていると思います。

そういった、「自分に自信のある、心の強い選手」になってもらいたいです。

押忍!

第62回 加茂市総合体育大会空手道大会結果

令和元年9月15日

加茂勤労者体育センター

小学生1・2年男子組手

第3位 半田晴也

小学生1・2女子形

第3位 宮内優衣

小学生3・4年男子形

第3位 半田幸弘

小学生3・4年女子形

優 勝 小林由里菜

小学生5・6年男子形

優 勝 山川和道

第3位 捧迅

小学生5・6男子組手

優 勝 山川和道

準優勝 捧迅

第3位 上田篤弥

小学生5・6年女子

第3位 小野あさひ

中学生男子形

準優勝 髙橋昇真

第3位 萱森爽馬・長吉凛祈

中学生男子組手

第3位 長吉凛祈

一般男子形

第3位 志田聡

一般男子組手

第3位 志田聡

 

 

 

 

第21回小須戸空手道親善大会

令和元年7月14日

小須戸小学校体育館

小学生1.2男子形

優 勝 藤田魁人

第3位 田中伊織

小学生5・6男子形

優 勝 捧  迅

第3位 山川和道

中学生男子形

準優勝 板倉大斗

小学生1.2女子形

第3位 宮内優衣

小学生1・2男子組手

第3位 半田晴也

小学生5・6男子組手

優 勝 山川和道

準優勝 捧  迅

第3位 上田篤弥

 

新発田大会

第11回杉山義法杯

第35回新発田地区少年少女空手道練武大会

先週の白根大会に続き新発田大会が開催されました。

真和会からは14名の参加でした。(欠席2名)

他団体は6団体のべ138人の参加でした。

朝、雪も積もり8時集合が間に合わない選手もいましたが、大体時間通りに始まりました。

白根の大会で初参加の1年生女子のゆいは、今回の大会は必ず出ると約束しちゃんと形には出場しましたが、組手は棄権でした次回は出ると約束しました。

緊張なんでしょうね・・・。でも、次回は必ず!

もう一人、白根大会では一回戦負けのときと、今大会は準優勝でした。これも見事でした。

週三回の練習にも頑張ってましたし、今週は金曜日も入れて週四回でした。

頑張れば結果も出ます。度胸もついたと思います。

中学生は女子の参加がなくさくらのみでしたので男子と交じり男女混合でした。

男の中に女が一人。組手では決勝で敗れましたが見事準優勝でした。

全体を通し思ったことは練習でやってないことをして負けています。

試合では練習でやったことを出すようにしましょう。そして、できないときは次の練習でできるようにしましょう。

それと、カウンターや先の先のタイミングを練習しましょう。

まだまだ、これからです、新学期も始まります。春は大会も多くなります。自分目標に向かって頑張りましょう。

高校生のあやかも記録係手伝いに来てくれました。ありがとう!

結果は下記のとおりです。

3・4年男子形・・・・第4位 大竹 琉生

5・6年男子形・・・・第3位 捧 迅

中学生男女混合形・・・第3位 山川 さくら

1・2年男子組手・・・準優勝 田村 刻登

3・4年男子組手・・・準優勝 小柳 新太

           第3位 中野 鳳雅

5・6年男子組手・・・優 勝 山川 和道

           準優勝 捧 迅

           第4位 長吉 凛祈

中学生男女混合組手・・準優勝 山川 さくら

白根近郷空手道大会

平成31年3月16日(土)

白根カルチャーセンターで第22回白根近郷空手道大会が開催されました。

初めて試合に出場する者もいました。

全体的に「気合い」も大きく試合に臨む姿勢に成長が見られました。

形は、ブレも少なくまとまってましたが、決めがまだまだ甘く体幹の鍛錬が必要です。

組手もポイントが取れる突き、蹴りができたと思います

特に目立っていたのは、蹴りの間合いが取れていないのとタイミングが合わないところがあり次回の課題だと思います。

次の練習日は反省会です。

次週の新発田大会も「気合い」入れて頑張ろう!

真和会の入賞者は

1・2年男子形 優勝 藤田魁人

3・4年男子形 優勝 上田篤弥

5・6年男子形 第3位 萱森爽馬

            山川和道

中学生女子形  第3位 山川さくら

1・2年男子組手 準優勝 藤田魁人

3・4年男子組手 第3位 小柳新太

5・6年男子組手 準優勝 山川和道

敢闘賞

小林 由里菜

丸山 寛太

田村 刻登

花粉症

窓から外を見上げると、青空と白い雲が見える、3月上旬に新潟で見ることのできる風景とは思えない晴れ渡る空だ。

その手前には、赤く錆びた鉄のような、杉の木の花粉がびっしりと見える。

近頃は、来店されるお客様から、花粉症の症状が出て辛いとの声を聞くようになった。

私も10年ほど前から症状が現れていて、一時期、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりで凄く辛かったが、ここ数年は、症状が和らいでいる。

理由の一つとして考えられることは、5年ほど前に、坐骨神経痛で、どんな姿勢でいても辛い痛みがあった。

その時に生活を改善したことがある。それは、体を冷やさず温めることだった。足湯をして、腹巻をし、手首、足首、首を温め、冬は靴下を3枚でも、4枚でも履く。

そんな生活を2,3年続け、汗をかくようになり代謝がよくなっていくのを感じた。

そして、坐骨神経痛も治っていた。気づけば、花粉症も楽になっている。

お客様で、股関節の痛みで通っていた方が、整体を受け始めた翌年の花粉症が例年になく楽だったとおっしゃっていた。

代謝のいい身体を維持することの大切さを改めて思う。

3月は、月曜定休日の予定を変更し、営業しています。 span lang=EN-

豆まき

遅くなりましたが節分、豆まきを行いました。豆よりもチョコや飴を多くしました。また、かいと君お母さんよりハッピーターン他の差し入れもありました。

鬼はかずみちとあつやでした。👺

形、稽古で意識している事はスピードと決め。和道流は無駄な力をいれないのが特徴ですが全空連ルールでは勝てません。

子供達には体幹に力を入れて決めを取ると指導さしてます。実際、体幹を鍛えるやり方を行なってますが低学年には少し難しく方法を考えました。

それは、頭を動かせないこと頭の上に何かを置きそれを落とさない様にする事(移動稽古や組手フットワーク)です。実際本当に載せませんが意識すれば子供達も変われます。

まずは、気を抜かず、出来るまで諦めないでやってみましょう🙇‍♂️👊

習慣変換中

胃袋は名前のとおり袋なので、詰め込み過ぎ(食べたり、飲んだり)と大〜きく伸びる。そして、消化すると小さくなるを繰り返している。

子供の体操着袋のように、胃袋は新しく作って取り替えることが出来ないから私は50年以上使い続けているワケだ。

使い続けているので汚れが残っていたり、小さい穴があ開いていたり120%つめこんで生地も薄く伸びて弱くなっているかもしれない。

若いうちは新陳代謝もよく、自己治癒力で汚れも流し、穴も治し、伸びてビロビロになっても元の大きさに戻る弾力があったはずだ。

しかし、無理させてはいけないと思うようになった。あと、30年くらいはいい状態で使い続けたいと思うからまずは胃袋の汚れをためないように重曹水を飲んで毎日拭き掃除をする、そして、穴やほころびをださないために消化の良い物を食べる。お肉は美味しいけど消化に三時間以上かかり胃には食べ物が残っている時間が長くなるから袋に負担がかかる。

あと、「食べ過ぎないこと❗️」これが一番の難関だけど腹八分目を心掛けて、ビロビロに胃を伸ばさないようにしたい。それと、食べ物と食べ物の間隔を三時間はあけること実践して変化を感じて良い報告をしたいと思う。

拳の握り方

本日の稽古は妙に子供達の拳の握り方が、気になり指導しました。

まずは握ると小指が飛び出てる子、親指が飛び出てる子いました。基本的に当てる位置、狙う場所を的確に行わなくては組手や形での良い突きができないと説明しました。

組手の練習では、プラス入り方、突く角度が良くなりました。

私も小学生四年生から空手を始めました。最初の練習で道場の先生に握り方を褒められたのを思い出しました。